標準体重の計算

[ うえ ]

課題2

身長体重を入力し、標準体重肥満度BMI(肥満係数)を計算するフレームを作成せよ。

このプロジェクトを以下のように設定しよう。

タイトル 標準体重の計算
説明 標準体重を計算しよう。
フレームタイトル 課題2(夏休み課題)

最初に、タイトル、説明などを設定してプロジェクトを生成しよう。


実行時のフレームには、以下のようにオブジェクトを配置しよう。


標準体重肥満度BMI(肥満係数)は、以下のようにして求める。

    標準体重 = 身長(m) × 身長 (m) × 22      

       肥満度 = (体重-標準体重) ÷ 標準体重 × 100

なお、体重、標準体重の単位はいずれでもよい(比率を計算するため)が、kg で計算しよう。さらに、身長の単位は m(メートル)で計算する必要がある。

例えば、身長 160 cm、体重 50 kg として計算すると、
       1.6 × 1.6 × 22 = 56.32

       (50-56.32)÷56.32×100 = -11.22

この肥満度は、-11.22% で痩せているという意味です。

さらに、BMI(肥満係数)を計算することができ、肥満度の判定をすることができる。

       BMI=体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

で計算することができる。例えば、50÷1.6÷1.6=約19.5

となる。日本肥満学会では以下のように判定します。

BMI 肥満度の判定
18.5 未満 低体重
18.5 〜 25.0 未満 普通体重
25.0 〜 30.0 未満 肥満度 1
30.0 〜 35.0 未満 肥満度 2
35.0 〜 40.0 未満 肥満度 3
40.0 以上 肥満度 4

この問題でも上の情報をもとに、肥満度の判定を表示するようにしよう。

注意:この情報は、http://www.kamefarm.com/M_calcHimando.htmおよび、http://www.kamefarm.com/M_calcBMI.htm から得られたものである。


この問題の実行結果は以下のようになる。


[ うえ ]
yasu@i.hosei.ac.jp